検索
HOME最新記事ニュース速報 → ブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージ
7  アムステルゴールドレース ブエルタ・ア・エスパーニャ第19ステージ  8
ブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージ
文章:本站原创  |   投稿時間:2016/9/11 14:10:00  |   チェック回数:519

1

1/1

 ブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージで、日本人選手が躍動した。別府史之(トレック・セガフレド)が素晴らしい逃げを披露、残り11kmで捕まりこそしたものの敢闘賞を獲得した。これでツール・ド・フランスに続き、ブエルタでも敢闘賞を獲得、3つのグランツールのうち2つのグランツールで敢闘賞を獲得し、その存在感を改めて示した。そんなステージを制したのはマグナス・コート・ニールセン(オリカ・バイクエクスチェンジ)、今変化の時を迎え、若手の成長著しいオリカ・グリーンエッジがまた一つ結果を残してみせた。

 
スタートから17kmで飛び出した別府は、ピエール・ローラン(キャノンデール・ドラパック)と共に5人の逃げを形成、後続の大集団との差を広げていく。逃げ切りを視野に飛び出すが、この日は数少ないスプリントステージだけに、スプリンターを抱えるチームは逃げ切りを容認するような素振りさえ無かった。
 
ボーラ・アルゴン18、IAMサイクリング、エティックス・クイックステップと言った組織力のあるチームが率先して集団をコントロール、それに対し別府も積極的にローテーションで加速していく。しかし残り11kmで遂に集団は別府らを吸収してしまう。これにより逃げ切り勝利はなくなったが、一般投票による敢闘賞を受賞し、グランツールの表彰台に登った。
 
そしてステージ勝利の行方はスプリント勝負へと持ち越された。圧倒的な存在感を見せるエティックス・クイックステップだったが、教科書通りのスプリントなど、勝利に飢えた若手選手たちのがむしゃらな動きには無意味だった。完璧に見えたお膳立てをしたのは、ジャイアント・アルペシン、ニキアス・アルントのためにリードアウトが先頭で最後の直線に突入する。
 
すでにステージ優勝を上げているジャン・ピエール・ドラッカー(BMC)が後方からスプリントを開始するのと時を同じくして、アルントの背後にいたニールセンがスプリントを開始、アルントはそれに遅れる形でニールセンの背後につき逆転を狙ったが、ニールセンの切れ味鋭いスプリントのほうが一枚上手だっだ。そのままニールセンが後続を振り切りステージ優勝、23歳の新鋭デンマーク人スプリンターが結果を残した。アルントは2位、ドラッカーが3位に入り、ベテランのダニエレ・ベンナーティ(ティンコフ)がステージ4位に入った。
 
「夢のようだよ。オリカ・バイクエクスチェンジ的には、あくまでも総合2人のアシストなんだけど、今日のような場合にはチャンスも与えてもらえるんだ。初めてのグランツールで初めてのステージ優勝!最高の気分だよ!チャベスとサイモン(イェーツ)が上位にいるし、チームとしてモチベーションは非常に高いんだよ。」ニールセンは若いチームの勢いの裏にある冷静な戦略を語った。
 
総合系の選手たちは、翌日に個人TTを控え無難な走り、無駄なトラブルを避ける走りに徹する。ここへ来て山岳で揺さぶられているクリス・フルーム(チームスカイ)も元気な様子を見せていたが、果たしてTTでの逆転劇を演出することが出来るだろうか。
 
200km超えのステージ、逃げにとっては長丁場の辛い走りが待っていた。それでも別府は躊躇なく走り続けた。逃げとは勝利を狙うばかりではなく、集団、そしてレースのペースを担う重要な役割であり、それをきちんと理解したうえでの走りを貫き通した。もうベテランの粋に入る日本の第一人者は、世界で通用するためには何が必要なのかを自らの走りで体現している。
 
ブエルタ・ア・エスパーニャ第18ステージ
1位 マグナス・コート・ニールセン(オリカ・バイクエクスチェンジ)   4h54’31”
2位 ニキアス・アルント(ジャイアント・アルペシン)    
3位 ジャン・ピエール・ドラッカー(BMC)   
4位 ダニエーレ・ベンナーティ(ティンコフ)   
5位 ヨナス・ファンへネッチェン(IAMサイクリング)   
6位 キール・レイネン(トレック・セガフレド)  
7位 マイケル・シュワルツマン(ボーラ・アルゴン18)   
8位 ジャンニ・ミアーズマン(エティックス・クイックステップ)    
9位 クリスチャン・スバラグリ(ディメンションデータ)  
10位 ロレンゾ・マンチン(FDJ)   
 
ブエルタ・ア・エスパーニャ総合順位
1位 ナイロ・キンターナ(モビスター)   74h30’03”
2位 クリス・フルーム(チームスカイ)   +3’37”
3位 エステバン・チャベス(オリカ・バイクエクスチェンジ)   +3’57”
4位 アルベルト・コンタドール(ティンコフ)   +4’02”
5位 サイモン・イェーツ(オリカ・バイクエクスチェンジ)   +6’03”
6位 アンドリュー・タランスキー(キャノンデール・ドラパック)   +7’34”
7位 サミュエル・サンチェス(BMC)    +8’12”
8位 ダヴィデ・フォロモーロ(キャノンデール・ドラパック)   +8’13” 
9位 ミケーレ・スカルポーニ(アスタナ)   +8’28”
10位 ダビ・デ・ラ・クルズ(エティックス・クイックステップ)   +8’52”

1

1/1